またまた日本航空がやらかしています。

 

今年2018年6月の不祥事の記事はコチラ⇒ 日本航空(JAL)の飲酒CA(客室乗務員)は誰?名前や画像など

実名報道されている詳しい記事はコチラ⇒ 実川克敏の顔画像・写真や経歴などが明らかに|日本航空(JAL)飲酒逮捕事件

 

以前にも日本航空のCAが業務中に飲酒したとして問題になっていましたが、また不祥事です。

 

コクピットに乗り込もうとしていた日本航空のパイロットから、規定値の9倍以上のアルコールが検出され、イギリス当局に逮捕・拘束されていたことがわかった。

イギリスの警察当局に逮捕・拘束されたのは、10月28日にロンドン発羽田行きに乗務する予定だった42歳の副機長で、イギリスの法令に定められた規定値の9倍以上のアルコールが検出されたという。

乗員を旅客機まで輸送するバスの運転手が、副機長からアルコールの臭いがすると保安当局に通報し、飲酒が発覚したという。

しかし、日本航空が搭乗前に実施したアルコール検査では、確認できなかったという。

副機長が乗る予定だった便は、1時間9分遅れて出発した。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181101-00038295-houdouk-soci

 

日本航空・進俊則取締役専務執行役員は「申し訳ございませんでした」と謝罪されていました。(サムネの左から二番目)

 

今回は、日本航空(JAL)の飲酒した副機長は誰なのか画像を調査しつつ、今後の事故の可能性なども探っていきたいと思います。

スポンサーリンク
 

 

逮捕・拘束された42歳の副機長は誰で画像はある?

この事件を受け、日本航空(JAL)は早急に謝罪文を公表しています。2020年オリンピック誘致のメイン航空会社なだけにこうした不祥事は痛いと思います。

日本航空

出典:https://www.jal.co.jp/info/other/181101.html

 

現在、副機長の年齢は42歳で日本人とのこと。

 

【追記】:英国大手メディアのBBCによると以下のように報じられました。

 

Katsutoshi Jitsukawa, 42, who works for Japan Airlines, was arrested on 28 October after failing a breath test. 引用:BBC

 

現在副操縦は勾留されており、今月29日に判決を言い渡される予定だそうです。

 

酒気帯びとはいえ、航空機ですからね。勾留期間もマックスみたいですね。

 

似ている事件では、今年の2018年6月に4倍以上のアルコールが検出されたブリティッシュエアウェイズのパイロットが、懲役8ヵ月の有罪判決を受けています。

 

コメントいただいた方ありがとうございます。管理体制の甘さにユーザーさんも怒りを隠せないでしょう。その他にも情報提供をいただけば積極的に追記していきたいと思いますのでコメントお待ちしております。

 

実名報道されている詳しい記事はコチラ⇒ 実川克敏の顔画像・写真や経歴などが明らかに|日本航空(JAL)飲酒逮捕事件

 

まあ、いろいろ疲れていたのかな…魔が差しちゃったのかもしれませんね。

 

でも飛行機操縦して多くの人の命を預かる仕事なのに業務前に酒飲むなよ…

 

イギリスの法令に定められた基準値の9倍以上(後に10倍とのこと)ってだいぶ深酒してますね、業務入り前にかなり飲んでいたとしか思えません。

 

ワインにビールと実際にもかなり飲んでいたとのこと、もう確信犯だとしか…

 

こういう公共インフラ系の業種は特に厳しいですからね、プロとしての意識をしっかり持ってもらいたいものです。

 

日本航空の発表によると、搭乗前に実施したアルコール検査では、確認できなかったとのこと。

 

適当にやってるんじゃないの?笑 バスの運転手さんとか他の人が酒臭いと気付くぐらいなので、絶対引っかかると思うのですが。

スポンサーリンク
 

 

日本航空(JAL)の今後の事故の可能性は?

今年の2018年6月にも、日本航空のCAが業務中に飲酒をして処罰を受けていますし、

 

さらに遡ること2年の、2016年6月28日にも42際の副機長、巽創一(たつみそういち)氏が飲酒による公務執行妨害で逮捕されています。

 

石川県系金沢中署は27日、神奈川県鎌倉市の日本航空副賞重視、巽創一(42)を警察官を殴った公務執行妨害
の疑いで現行犯逮捕した

出典:毎日新聞

 

その当時逮捕されたのは、巽創一容疑者で、前日の夜10時過ぎに、機長と食事をした際に飲酒・泥酔し、宿泊しているホテルの前で機長に暴行、その後通行人の通報で来た警察官にも暴行した疑いで現行犯逮捕されたそう。

 

巽創一は1997年入社。2010年11月に乗務で訪れた米サンフランシスコのホテルで飲酒して暴れ、社内処分を受けていた

出典:時事通信

 

度重なる不祥事が明るみになっていますし、最近のJALはたるんでいると思います。(ぶっちゃけサービスはANAより良いのですが。笑)

 

そもそもこれだけの飲酒をして、登場前の検問で引っかからない訳がないです。

 

ということは「飲酒検査も適当なんじゃないの?」と思ってしまいますよね。

 

副操縦士といえども機長と交代で操縦する訳なので、お客さんの命を預かる重みは同じなはずです。

 

以前の話を蒸し返すと、CAも緊急時には冷静な判断をしなければいけないでしょうし、いくらお酒が強くても「飲むと」判断は鈍ります。

 

業務に対する本気度が感じられませんし、本当にいつか大きな事故に繋ってしまう気がしてやまないです。

 

ANAもエンジントラブルなどちょこちょこありますが、大惨事にはなっていません。

 

なんだかんだヒューマンエラーが一番怖いので、従業員に問題が多いJALさんは、ちょっと警戒しておいた方が良さそうですね。

 

SNSの声

2018年6月にも日本航空(JAL)は飲酒騒動で不祥事を起こしているので、再三に渡るマネージメントの脆弱性に怒りの声が上がっています。

 

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

日本航空(JAL)の不祥事で、株価はどうなる?

不祥事が発表されてから当然のように落ちていますね。


私は、JALの株は持たないので、対岸の火事!!

 

まとめ

筆者は、全日空(ANA)しか基本的に使わないのでどうでもいいですが、ほんとに日本航空(JAL)は懲りないですね。笑

 

お国に経営再建させてもらったのを忘れてるのでしょうか?

 

基本的に日本航空は不祥事や事故が多いので今後も私はANAユーザーでいこうと思います。

 

ANAのCAさん美人多いですからね!制服も可愛すぎ!!

 

以前に日本航空(JAL)で起きた不祥事はコチラ⇒ 日本航空(JAL)の飲酒CA(客室乗務員)は誰?名前や画像など

実名報道されている詳しい記事はコチラ⇒ 実川克敏の顔画像・写真や経歴などが明らかに|日本航空(JAL)飲酒逮捕事件

スポンサーリンク