新子焼きとは何?旭川札幌名物の名店三四郎はどこ?絶品レシピをご紹介!

2019年の5月30日放送の秘密のケンミンSHOWで、北海道の名物「新子焼き」が取り上げられていました。

そこで今回は、新子焼きとは何なのか?旭川名物で名店の三四郎はどこにある?札幌のおすすめのお店は?そして絶品レシピなどもご紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク
 

新子焼きとはいったい何?

そもそも新子焼きとはいったい何なのか?

実は北海道出身の方もあまり知らない方も多いのだとか…

新子焼きとは、豪快に若鶏の手羽を含む半身を素焼きにしたものなんですって!ちなみに読み方は「新子焼き:しんこやき」と読むそうですよ。

筆者は、あらこやき???と読んでしまいました^^;

なんとも気になるビジュアルがコチラ!!

うーん!!美味そう!^^

なんで新子焼きと呼ばれるようになったのかというと…?

実は正式なルーツは分かっていないのだとか!

ただ、一部のお店によると、

「コハダという魚をご存知ですか。あれは出世魚なんですよ。コハダ、ナカズミ、コノシロと名前が変わっていくんですが、コハダの手前を新子って呼んでいたそうなんです」

出典:https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/lc/1601014

そして、若鶏のことも「新子」と呼ぶそうで、魚から来て若鶏に派生したって感じなんですね!

因みに、親鳥との区別ですが、親鳥を焼いたものは「山賊焼」と呼ぶそうです。

スポンサーリンク
 

旭川名物の新子焼きの名店「三四郎」はどこにある?

超おいしそうな新子焼き。

お酒のおつまみにぴったりですよね!これだけでお腹いっぱいになりそう。笑

いったいどこのお店で食べられるのでしょうか?

新子焼きと検索すれば必ず出てくる名店が「三四郎」というお店。

三四郎の外観
出典:食べログ

この三四郎は、孤独のグルメでも取り上げられた名店居酒屋さんで、名物の新子焼きも取り扱っているのだとか!

三四郎のお店はコチラ

スポンサーリンク
 

札幌でも食べられる?おすすめのお店は?

でも旭川って、北海道の奥すぎてそこまでは行けない・・・

という方も多いでしょう。筆者も旭川動物園に一度行ったっきりです。

北海道といえば、なんと行っても札幌!(偏見)

札幌で「新子焼き」を食べてみたい!という方に向けて何店かおすすめのお店をご紹介したいと思います。

お取り寄せもできちゃう!

北海道住んでないわ!!(憤慨)という方は、ぜひお取り寄せしてみて下さい!


お取り寄せ先でおすすめなのがコチラのお店! コチラのサイトからお取り寄せできちゃうみたいですよ^^↓

焼鳥専門ぎんねこ(北海道旭川市)1950年創業の老舗店。旭川市内12店舗が加盟する「新子焼きの会」会長さんがやったいるお店なんだとか!!

お取り寄せできちゃう新子焼き気になるビジュアルがコチラ!!

新子焼きお取り寄せの商品パッケージ

あ~~~絶対うまいやつやーーー

チン!して食べたら最高でしょうね!

新子焼きの絶品レシピをご紹介!

ただ、新子焼きは道民のソウルフードとして根付いているようで一般家庭でも食べられているそうですね。

コチラのサイトで作り方などがご紹介されていました➾さかさパンダサイエンスプロダクション

まとめ

筆者も酒飲みなので、ぜひ一度は食べてみたいです!

北海道に行った際には、絶対食べてみたい!2~3件目に最適ですね。笑

最後までご覧いただきありがとうございます!コメントやご意見があればコメント欄までお願いします!

スポンサーリンク
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう