日本航空(JAL)の副操縦士が、飛行機操縦の業務前に飲酒し「基準値の10倍のアルコール」が検出され、

 

英国の警察に逮捕されてしまい、日本国内でも大きな話題を呼びました。

 

日本航空は、東京五輪2020年のオフィシャルパートナーにも選出されており

 

つい2018年の8月に「2020年のオリンピックに向けて制服刷新への投資を行った」と発表した直後の出来事の事件となっていまいました。

 

JAL制服

出典:https://www.fnn.jp/posts/00353360HDK

日本航空によると、英国の運輸関連法令の基準値を超えるアルコールが検出され、英警察当局に逮捕されたのは実川克敏副操縦士という。
出典:https://www.saga-s.co.jp/articles/-/296911

 

日本航空(JAL)の一連の騒動はコチラ⇒

日本航空(JAL)の飲酒した副機長は誰で画像は?事故の可能性はある?

日本航空(JAL)の飲酒CA(客室乗務員)は誰?名前や画像など

 

スポンサーリンク
 

 

飲酒で逮捕された実川克敏氏(日本航空JAL)の経歴

実川克敏

出典:http://diary.ponkichi01.com/?p=2194

  • 1994年 成東高校卒業 (なるとうこうこう)
  • 防衛大学校卒業
  • 独立行政法人 航空大学校卒業
  • 2012年から大韓航空

【成東高校】

成東高校

出典:https://www.minkou.jp/hischool/school/deviation/2651/

 

ネット情報ですが、2012年からは大韓航空に就職していたようで、パイロットの経歴は5~6年といったところでしょうか。

 

また大韓航空で働いていいたという情報もありますが、防衛大学校に入学するのは学力もさることながら、いわゆる「在日」の方は入れないので在日系ではないでしょう。

 

しかし、防衛大学校は後半関係ほど厳しくないので、もしかすると?、、、ということもあるかもしれませんね。

 

また、パイロット養成の国内唯一の公的機関「航空大学校」を卒業されています。

 

航空大学校の規定では、以下のように定められていましてので、防衛大学校卒業後に航空大学校に入学されたのでしょうか。

 

当校が受験資格として同程度と認めている大学校等は次のとおりです。なお、外国における教育機関については個別に審査する必要がありますので、航空大学校教務課にお問い合わせください。

(1)2年以上在学し、62単位以上修得した又は平成30年3月末までに修得する見込みで受験資格がある大学校等
《1》海上保安大学校(本科)、《2》気象大学校、《3》水産大学校 《4》防衛大学校、《5》防衛医科大学校、《6》職業能力開発大学校(長期課程)

(2)卒業又は卒業見込みで受験資格がある学校等
《1》海上保安学校(情報システム課程)、《2》航空保安大学校(本科)、《3》航空自衛隊航空学生(第1初級操縦課程)、《4》海上自衛隊航空学生(固定翼基礎課程)《5》職業能力開発大学校及び同短期大学校の専門課程

(3)外国における14年以上の課程の教育機関

出典:http://www.kouku-dai.ac.jp/

 

日本航空(JAL)に入社した時期は不明ですが、転職してそうそうの出来事だったら、JALはとんだばばを引いてしまった形になります。

 

現住所は、千葉県だそうですが一般人なので現住所までは伏せようと思います。

スポンサーリンク
 

 

実川克敏氏の顔写真・画像はある?

一般人なので、このサイトでは取り上げませんが、本人のFacebookに画像が載っていました。

 

実川克敏氏の画像はコチラ⇒ https://www.facebook.com/search/str/%E5%AE%9F%E5%B7%9D%E5%85%8B%E6%95%8F/stories-keyword/stories-public

注)現在は非公開となってしまいました。

 

このアカウントに実川氏のプライベートな写真が投稿されていました。

 

実川氏はサーフィンが趣味で、海鮮などもよく食べに行っていたみたいですね。

 

パイロットという厳しい仕事柄、「2連休が久々に取れた~」という投稿もあったので仕事のストレス発散の飲酒が常習化していたのかもしれません。

 

また、飲酒系の不祥事を何度か起こして逮捕された副操縦士は過去にもいましたが、実川氏はこういった事実は報告されていません。

 

飲酒して飛行機に乗り込んでしまうのは論外ですが、副操縦士というポジションは非常にストレスが溜まるのでしょう。

 

ここまで大きな不祥事に発展してしまうと復帰はなかなか難しそうですが、日本航空は厳重に処罰するでしょうね。

 

まとめ

日本航空は日本の最大手航空会社ですし、従業員を守るという意味でも大々的には実名報道されていませんでした。

 

まあこうした不祥事はいずれ本当に大きな事故に繋がりかねないので、隠蔽などせず管理体制を強化してほしいものです。

 

日本航空(JAL)の一連の騒動はコチラ⇒

日本航空(JAL)の飲酒した副機長は誰で画像は?事故の可能性はある?

日本航空(JAL)の飲酒CA(客室乗務員)は誰?名前や画像など

スポンサーリンク