女優の倉科カナと、俳優の竹野内豊が破局していたと報道されました。

 

美男美女のビックカップルで、男性女性問わず憧れる人も多いかと思います。

 

そろそろ結婚するのかなと思いきや、まさかの破局報道!!

 

いったいお二人の間に何があったのか?

 

そこで今回は、倉科カナと竹野内豊の破局理由は?結婚・婚約破棄でネットが炎上!?と題して、気になるところを調査していこうと思います。

スポンサーリンク
 

 

倉科カナと竹野内豊が交際を始めたのはいつ?

竹野内豊・倉科カナフライデー

出典:https://kininaru8.net/?p=598

倉科カナと竹野内豊が交際を始めたのは、2014年頃と言われています。

 

正確な時期は不明ですが、2014年10月にフライデーされ、「お泊り愛」が報じられていました。

 

フライデーされてからも、竹野内豊は倉科カナとの交際を堂々宣言しており、当時から仲良しカップルとして報じられていました。

 

そんなお二人の馴れ初めはというと、ドラマ共演がきっかけとのこと!

 

2013年から交際をスタートさせたそうですね!

 

その後何度か破局説が流れるものの、

 

2018年の春には竹野内豊の自宅で半同棲報道がされるなど交際は順調だった模様。

 

ちょうど破局時期と重なる倉科カナのウェディングイベントでは、

 

「結婚願望が強くなりました」と発言しており、結婚間近とも言われていました。

スポンサーリンク
 

 

倉科カナと竹野内豊の破局理由は?


そんなお二人の破局理由はというと、週刊誌によると「二人の間で折り合いがつかなくなった」というもの。

 

まあ破局理由の常套句といった感じですね。

 

ここまで聞くと、倉科カナが竹野内豊に振られたのか?と思いますが、倉科さん側から別れを切り出したとか!

 

以下ソース

「将来について2人で真剣に話し合ったすえ、竹野内さんと倉科さんは今年の夏ごろに破局したそうです」(事務所関係者)

「暗い感じはなく、この前も『最近、1人焼き肉にハマってるの!』と嬉しそうに話していました。もともと多趣味な倉科さんですが、陶芸や乗馬、日本舞踊にも挑戦したいと意気軒高だといいます」(倉科の知人)

「倉科さんのほうから別れ話を切り出したといいます。というのも、彼女はずっと『30歳までに結婚!』と思い続けてきたんです。昨年12月に30歳の誕生日を迎え、竹野内さんと本格的に結婚に向けた話を進めようとしたのですが、結果的に折り合いがつかなかったみたいです」(前出・知人)

出典:https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1685824/

 

また、週刊誌にも書かれていましたが、倉科カナは次の恋愛にも前向き?だそうで、案外気にしていないとのこと・・・

 

でも、芸能人という職業柄、カラ元気でこのような発言をしたとも考えられますし、

 

竹野内豊さんに見切りをつけなければいけなくなったので、多少はショックを受けてるのでは?と思います。

 

一方の竹野内豊さんは、過去に以下のような発言をしております。

 

「結婚がすごく重要で、最終的な着地点だとは思っていないですね。形より、高め合っていける関係がすごく大切だと思っていて」(16年11月26日号『婦人公論』)

 

竹野内豊さんもそこそこいい年ですし、結婚されてもいいのかな?と思いますが、

 

結婚がゴールと言うより、自分の仕事やプライベートを充実させられるパートナーが欲しいといった感じなのでしょう。

 

もしかすると、お子さんが欲しいといった願望はあまりないのかもしれませんね。

 

それにしても竹野内豊さん、若い!!47に見えない!笑

 

結婚・婚約破棄でネットが炎上!?

ビックカップルの破局報道とあって、ネットでは「倉科カナかわいそう」「竹野内豊最低」などの意見が投稿されています。

 

 

一方で、女性側も「竹野内豊は悪くない」「仕方ないよ」といった意見もありました。

 

お二人の問題ですし、どちらが悪いとかは言えないですよね…笑

スポンサーリンク
 

 

まとめ

倉科カナさんは、結婚願望が強かったようで、結婚や引退なども視野に入れて活動されていたのではないかと思います。

 

破局理由としては、倉科カナさんの意向に竹野内豊さんが答えられなかったという感じでしょう。

 

同じ男性としては、女性に結婚迫られぐいぐいこられると引いちゃうので、竹野内さんのお気持ちも分かるのですが…

 

ちょっと倉科カナさんが可哀想に思います。

 

倉科さんもめちゃくちゃ美人ですし、いい奥さんになりそうなので、新たな恋を見つけて頑張っていってほしいです。

 

今後の倉科さん・竹野内さんのご活躍にも注目ですね!

 

スポンサーリンク