ル・マン24時間レースで日本人が1・2フィニッシュして優勝したというニュースが入ってきました!

 

各種メディアによると以下の用に報じられています。

 

2018ル・マン24時間レースの決勝が日本時間の17日22時にゴールを迎え、8号車トヨタ(セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/フェルナンド・アロンソ)が優勝。2位に7号車トヨタ(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペス)が2位に入り、TOYOTA GAZOO Racingがル・マン挑戦18回目にして初優勝を飾るとともに、ワンツーフィニッシュを決めた。

レース序盤から、ワンツーの状態を維持してきていたトヨタの2台。途中、スローゾーンでの速度違反ペナルティや、レース終盤にも小林が駆る7号車が燃料関係のトラブルで一時スローダウン状態になった他、残り50分のところで7号車に使用できる燃料量を超えていたとして10秒間のストップ&ゴーペナルティが出るなど、最後の最後まで気が抜けないレース展開となった。

しかし、アンカーを務めた中嶋と小林は堅実な走りを披露。現地時間の17日15時にゴールを迎え、トップの8号車が388周でチェッカーを受け、トヨタが悲願のル・マン初優勝。1985年に初参戦し、今年で18回目の挑戦だったが、ついに悲願達成の時を迎えた。

2位には7号車が続き、ワンツーフィニッシュで2018年のル・マン24時間を締めくくった。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00000012-msportcom-moto

 

そこで今期は、日本人で優勝を飾った選手にスポットを当ててプロフィールなど経歴を紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク
 

 

ル・マン24時間レースとは?

ル・マン24時間レース

出典:https://twitter.com/simokosi/status/1008340455711358976/photo/1

 

そもそもル・マン24時間レースって何ぞや?という人が多いと思いますので、軽く解説しておきます。

 

ル・マン24時間レースとは、フランスのル・マン市で毎年行われる24時間の耐久自動車レースのこと。

1923年に第1回大会。インディ500(インディアナ・ポリス・500マイル・レース)、F1のモナコ・グランプリと並ぶ、世界3大レースイベントの1つ

 

一般公道とサルテ・サーキットの一部を利用する周回コースの全長は、1万3650mというめちゃくちゃ長い距離を走るレース

 

1万キロ超えといえば、成田からロンドンより長い距離。笑 死んでしまいます…

この歴史あるレースは。1991年にマツダが日本車として初めて優勝。1995年には関谷正徳(マクラーレン)が日本人ドライバー初の総合優勝を遂げています。

 

2004年は、ドライバーに荒聖治、トム・クリステンセン(デンマーク)、リナルド・カペロ(イタリア)を擁する「チーム・ゴウ」(郷和道監督)が、日本の個人チームとして初優勝しております。

 

よって優勝ドライバーを務めた中嶋は日本人3人目のル・マン総合優勝ドライバーとなりました!

 

中嶋一貴のプロフィール

中嶋一貴

出典:http://www.asahi.com/sports/spo/gallery/f1gp/

 

日本のレーシングドライバー。愛知県岡崎市出身。父は元F1ドライバーの中嶋悟、弟はレーシングドライバーの中嶋大祐という

 

ドライバー一家に生まれ育っています。

 

プロフィール

  • 身長:175cm
  • 体重:60kg
  • 血液型:RH+ A型
  • 学歴:愛知教育大学附属岡崎小学校、愛知教育大学附属岡崎中学校卒業。星城高等学校卒業。南山大学中退。
  • 愛車:レクサス・CT200h F SPORT

父のレースを幼少時から見て育ち、1997年にカートレースにデビューします。

 

1999年には鈴鹿選手権シリーズICAクラスでシリーズチャンピオンとなる。その後、父親の七光りと言う評判が付くことを嫌い、ホンダ系ドライバーであった父親とは違いトヨタが運営するフォーミュラトヨタレーシングスクール(FTRS)を2002年に受講し、スカラシップを獲得した。

 

2003年は、そのスカラシップでエントリーしたフォーミュラ・トヨタにて、見事シリーズチャンピオンに輝いた。

スポンサーリンク
 

 

小林可夢偉のプロフィール

小林可夢偉

出典:http://entertainment-topics.jp/37082

小林可夢偉の経歴

日本の兵庫県尼崎市出身のレーシングドライバー。スーパーフォーミュラではKCMG、FIA 世界耐久選手権(WEC)では現在のTOYOTA GAZOO Racingに所属する。

 

2008-2009年シーズンのGP2アジアシリーズチャンピオン。フォーミュラ1 (F1) 時代には2012年日本GPで3位表彰台を獲得。

 

ル・マン24時間レースでは2017年にサルト・サーキットのコースレコードを樹立した。

 

プライベートでは、

  • あびる優
  • 銀座のホステス
  • AV女優のりおっち(Rio)

など数々の美女とお付き合いをしてきたプレイボーイの可夢偉さんはまだ31歳です!

 

戦歴もさることながら、少々気にお笑い芸人を志したり、レーサーができなくなったら実家のすし屋で修業をするなどと、笑いのセンスもあるお方です。

 

SNSの声

ネットでは日本のトヨタが優勝したとあって、喜びの声が多数あがっています!

 

国家の「君が代」が流れたことに感動した人が多いみたいですね!

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

 

まとめ

2位になった、可夢偉さんはプレイボーイの経歴があって羨ましい限りです!

参考記事:https://news.infoseek.co.jp/article/messy_9148/

 

2015年は無職になるかもーと発表していたぐらいなので、復活してよかったです!

 

個人的に車は好きなので、こういったレース競技にも注目していこうと思います!

スポンサーリンク