大阪の第2阪奈道路で時速280kmのスピードを出して、速度超過の道路交通法違反で書類送検されました。

 

各種メディアによると以下のように報じられています。

 

違反の概東大阪市内の自動車専用道路を時速約280キロで暴走したとして、大阪府警は5日、乗用車を運転していた府内の30代の男を道路交通法違反(速度超過)容疑で書類送検した。捜査関係者が明らかにした。スピード違反の検挙としては、全国で過去最高速度とみられる。

捜査関係者によると、男は今年1月、同市内の自動車専用道路「第2阪奈道路」で、法定速度(時速60キロ)を約220キロ上回る時速約280キロで運転した疑いが持たれている。

引用:毎日新聞

 

そこで今回は、時速280kmを出した暴走男は誰で画像はあるのか調べつつ、車種はGT-Rの何?罰金や逮捕量刑は?など気になるところを調べていこうと思います。

スポンサーリンク
 

 

逮捕された容疑者のプロフィール

名前:不明
年齢:35歳
住所:大阪市城東区
職業:不明、無職

一般人なのでこれからも名前などは公開されないと思いますが、追加情報があれば更新していこうと思います。

ただ、無職といっても、1800万円ぐらいのGT-Rに乗っているので、個人投資家とか事業のオーナーなどかもしれませんね。

それかどこかのお金持ちの息子とか…

 

事件が発覚した動画

発覚はYoutubeに投稿されたある動画、

まず、投稿された動画をご覧ください。

 

その中の動画の一部の画像をはっておきます。

事件の画像

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181110-00010000-kantele-soci.view-000

 

なんと新幹線並みの300km!!

 

この動画を見た人が通報して事件が発覚したそうです。

スポンサーリンク
 

 

警察は2018年8月、ナンバープレートが付いていない別の車を運転した疑いで、男を逮捕。

警察の調べに対して、男は、暴走と動画を撮影したことを認めたため、11月5日、法定速度を220km/hも上回る、280km/hで走行した疑いで書類送検された。

引用;FNN

 

動画の投稿をしなければ、発覚しなかったわけですが、そうはできなかったようです。

動画を投稿した理由について、「車の性能を試すため。みんなに見てほしかった」と話している。

引用;FNN

 

自分が運転する車を追跡するパトカーを振り切る動画なども投稿していた。

男は、10年以上前にも、大阪市内の高速道路で大幅なスピード違反で逮捕されていたこともわかった。

警察の調べに対し男は、「10回ほど同じようなことをして、動画をアップした」などと話している。

出典;FNN

 

動画の中盤を見てもらったら分かりますが、がっつりパトカーとカーチェイスをしています。

 

狭い路地もめちゃくちゃ飛ばしていて見てるこっちがヒヤヒヤする!これ人飛び出てきたら確実に引きますよ。

 

ネットでは、動画の前半と後半の車が同一と言われていますが、トンネル内での暴走はまだ人に迷惑をかけていませんが

 

町中暴走は本当にやめていただきたいです。これは迷惑!!

 

違反した車の車種は?

R35 GT-R

出典:https://autoc-one.jp/nissan/gt-r/report-2773325/

 

問題になっている、違反した車種は何なのでしょうか?

 

車種は「R35 GT-R」

 

日産の高級スポーツカーです。

 

この高級車、新車で買えば1200~1800万円ぐらい。

 

日本が誇るスポーツの高級車ですね!

 

輸入中古車専門店の「ロペライオチャンネル」でも取り上げられていました!


スポンサーリンク
 

罰金や逮捕、量刑は?

超加速度が29kmの場合、反則金で18000円、減点3点です。

 

30km以上で反則金でなく、罰金になります。罰金は行政処分(警察)と刑事処分(裁判所)の両方が科せられる違反です。

 

さらに

一般道30km/h以上、高速道路40km/h以上のスピード違反は、最大で10万円の罰金、6ヶ月の懲役となります。
「最大」としているのは、裁判で違反内容、運転者の過失などを判断され、刑罰内容が変わるためです。

引用:MOBY

 

ただ、今回の速度オーバーは220km。

一般道、高速道路問わず80km/h以上の速度違反は、略式裁判が認められず公判請求、通常裁判となります。

引用:MOBY

 

公判になって、裁判にかけられるんですね。

 

基本的に書類送検ぐらいでしたら、刑はそこまで重くなく懲役なんてほとんどありません。せいぜい罰金やそこらで終わるのが普通ですが、

 

この男性は10年前にも速度超過で逮捕されているので、もしかしたら懲役もあるのではないでしょうか。

 

と思っていたら、ニュース記事で菊池弁護士がコメントを残していました。

 

Q.今回は「220キロオーバー」ということになりますね。

菊地弁護士:
「これはもう、あり得る速度超過の限界じゃないかと思います。ですから、スピード違反の最高刑で6ヶ月の懲役ですから、上限の刑が来る可能性もあります。前科によっては、実刑すらないとは言えません。非常に危険極まりない行為です」

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181110-00010000-kantele-soci

 

第2阪奈道路はなぜ空いてるの?

東大阪市の第2阪奈道路が今回の暴走の現場だったのですが、よく事故を起こさなかったものです。

 

第二阪奈道路はまっすぐのトンネルがあって、なんとその長さは5580m!

 

第二阪奈道路

出典:http://www.osaka-road.or.jp/dai2.html

 

滑走路かって思えるほど、長い直線道路があるんですね。

 

そして、トンネルの長さが5580mあり、ほぼ真っすぐですね。

 

この動画は1月の真冬にさつえいされたもので、寒い時期には特にカーブなどがあればタイヤが冷えてればスピンしやすくなるので大事故につながっていた可能性もあります。

 

この動画を機に有名になって暴走する車がこぞって現れそう…

 

仮に平均時速250kmでこの5580mのトンネルを走れば20秒ちょいで通過できることになります。笑

 

5キロを爆走ってスリルありそうですよね。

スポンサーリンク
 

 

SNSの声

SNSでは結構批判の声が多く寄せられていました。

 

 

一方で、GT-Rの性能が凄いと車目線のコメントも多かったです。

車は男のロマンですからね!

まとめ

スポーツカーに乗ると飛ばしたくなりますよね。笑

 

でも日本は道路が狭いのでやめてください。自分も命の危険がありますし、人巻き込んだら一大事ですからね!

 

ただ、公道で飛ばしたくなる気持ちもわかったり、、、でも280kmは出しすぎ!!笑

スポンサーリンク