アンミカの子供時代や小学生の頃のエピソードが壮絶!?在日韓国人って本当?

トップモデルとして有名なアンミカさん。

バラエティ番組や通販番組では独特なしゃべり方とトーク力で有名ですよね!

今ではお金持ちのイメージのアンミカさんですが、小さい頃はそうでもなかったようです…!

幼少期のエピソードが壮絶で話題になっているようですね!

そこで今回は、アンミカさんの子供時代や小学生の頃のエピソードが壮絶!?在日韓国人なのか、について調べていきたいと思います!

スポンサーリンク
 

アンミカさんのプロフィール

出典:Instagram.com

  • 本名: ミカ・アン・ミラー
  • 生年月日: 1972年3月25日
  • 出身地: 大韓民国
  • 血液型: O型
  • 身長: 171 cm
  • 体重: 非公開
  • 靴のサイズ: 24.5 cm

アンミカさんの結婚前の本名は「安美佳」でしたが、セオドール・ミラー(夫)と結婚してからは「ミカ・アン・ミラー」が本名になりました!

1990年大阪府立住吉高等学校を卒業され、その後フランス・パリへ移住。

1993年にはモデルとしてパリ・コレクション(パリコレ)に初参加されています!

2002年4月から1年間、韓国延世大学校韓国語学堂に留学され、2009年には韓国名誉広報大使に!

2012年アメリカ人の実業家セオドール・ミラーさんと結婚されました!

現在はモデル業のほかに、テレビ・ラジオ出演、ジュエリー・ファッションデザイナー、化粧品プロデュース、エッセイ執筆や講演、シンガーなど、様々な場面で活動されています!

出身地をみて、「あれ?」と思った方も多いはず。

出身地について少し見ていきましょう!

アンミカさんは在日韓国人?

出典:Twitter.com

実はアンミカさん、密入国者だったそうなんです。

2017年3月24日に放送されたバラエティ番組『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』に出演された際、韓国から密入国した生い立ちについてのエピソードを語られていました。

アンミカさんは韓国の済州島の生まれで、年子の5人姉弟の次女で、兄・姉・弟・妹がいたそうです。

アンミカさんが4歳だった1975年に家族7人でブローカーの用意した小舟に乗って日本海を渡って密入国。

日本で最も在日韓国人が多い大阪市生野区や阿倍野区で生活をしていたそうです。

在日韓国人というのは本当だったんですね。

さて、現在はお金持ち印象があるアンミカさんですが、幼少期には驚きのエピソードがあるよう…。

一体何があったのでしょうか??

スポンサーリンク
 

アンミカの子供時代や小学生の頃のエピソードが壮絶!?

出典:Twitter.com

密入国後、大阪市生野区や阿倍野区で生活をしていたアンミカさん。

大阪下町の父が働いていた雪駄工場の倉庫だったボロ長屋の2階に家族7人ですし詰め状態で住んでいたそう。

主食はすいとん汁でおやつは近所の青果市場のゴミ捨て場から拾ってきた果物だけ。

頂き物のスイカは食べたあとの種も残さず、砂糖をまぶしておやつとして食べていたそうです。

暖房設備はもちろん無く、風の入る長屋のため、冬は眠れないほど寒いため新聞紙にくるまって寝ていたんだとか。

子どものころから母親に「うちは貧乏やから病院に行くお金なんかない」と言われ、体調管理を徹底する癖がついたというアンミカさん。

その「病院には行かない」という家庭のルールに従い、姉妹でオモチャの取り合いをして鼻を骨折してしまった時病院に行くお金がなかったため割り箸を突っ込まれて折れた鼻骨を元に戻したんだそうです…

この時についてアンミカさんは「こうやって治した方がいいって言われたのは、家に割り箸があるのでキレイに削って丸くしたものを鼻の中と外で固定してテープで貼るように言われて、今のこの美しい鼻があります」と見事治療に成功したことを語っていました。

歯医者に行くお金も無いため、出っ歯気味だったアンミカさんは手で押したりして矯正していたなど、貧乏にまつわる壮絶エピソードが語られていました。

鼻や歯を自力で治したり、食べ物も好きなものが食べられずとても苦労されてきたと思います。

今のアンミカさんの姿からは想像もできませんが、こういったことがアンミカさんを強く、美しくしていったんでしょうね!

まとめ

今回は、アンミカさんの子供時代や小学生の頃のエピソードが壮絶!?在日韓国人なのか、について調べていきました。

現在のお金持ちで綺麗なイメージとかけ離れた生活をされていたのは驚きですね。

密入国者だということも初めて知りました。

現在様々な分野で活躍されているアンミカさん。

今後の活躍も応援しています!!

スポンサーリンク
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう