ゲーム、白猫プロジェクトにまつわり、任天堂とコロプラが何やら揉めています。

 

各種メディアによると、任天堂がコロプラに対して配信差し止め及び損害賠償請求を求め、提訴したようです。

 

コロプラ提訴

 

コロプラは1月10日、任天堂が同社に対し、スマートフォン向けゲーム「白猫プロジェクト」の配信差し止め損害賠償44億円の支払いを求めて東京地裁に提訴したと発表した。

提訴は2017年12月22日付。任天堂広報室によると、任天堂は5件の特許について侵害されたと主張。「タッチパネル上でジョイスティックを操作する際の技術の特許」などが含まれているといい、現時点ではそれ以上の回答は控えるとした。

コロプラによると、16年9月に任天堂から特許侵害の指摘を受けたという。「1年以上にわたり時間をかけて真摯かつ丁寧に、任天堂の特許権を侵害しないことを説明したが、当社の考えが任天堂に受け入れられるには及ばず、訴訟を提起されるに至った」という。

コロプラは「当社のゲームが任天堂の特許権を侵害する事実は一切無いものと確信しており、その見解の正当性を主張していく方針」と争う構えだ。同社の広報担当者は、「具体的な内容に関しては、係争中のため回答を控える」としている。

出典:出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180110-00000064-zdn_mkt-bus_all

 

そこで話題になっているのが、額面が額面だけにコロプラが倒産するのではないかという噂がながれています。さらには2017年コロプラの株式においても不穏な動きがあったそうで、、2018年からのコロプラの株価の動きなど気になるところをまとめていこうと思います。

スポンサーリンク
 

 

コロプラ会社概要

まずは、コロプラの会社概要をまとめてみました。

  • 会社名:株式会社コロプラ(COLOPL, Inc.)
  • 設立:2008年10月1日
  • 業種:情報・通信業
  • 本社所在地:東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー11・12階
  • 代表者:代表取締役 馬場功淳

コロプラは恵比寿ガーデンプレイスに入っているんですね!このタワーは外資や通信販売業者も多く入っていますよね!

 

コロプラ倒産の可能性は?

そんなコロプラが2017年11月8日に発表した2017年9月期(2016年10月~2017年9月)の売り上げは以下のようになっています。

コロプラ決算

出典:http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1711/08/news132.html

 

簡単にまとめるとこのようになっています。

  • 売上高522億円(前期比38.3%減)
  • 営業利益129億円(59.4%減)
  • 純利益は86億円(58.0%減)

元々、大幅な減益を見込んでたみたいですが、予想からも5%下回り下方修正をかけたみたいですね。まあ基本的にはこの後は株価が下がるので当然といえば当然ですが。

 

なぜそこまで利益が上がらなかったかというと、

響いたのは新作タイトル開発の遅延だ。「クイズRPG魔法使いと黒猫のウィズ」「白猫プロジェクト」など既存タイトルの周年イベントや、「プロ野球バーサス」「PaniPani」といった新規タイトルが貢献したものの、新作タイトルの達成率が20%と低く、売上高は計画にやや届かなかった。コロプラは連続する新規アプリの投入で既存アプリの落ち込みを補う「積み上げモデル」戦略を取るが、新たな「積み上げ」が足りなかった形だ。

出典:http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1711/08/news132.html

 

新作タイトルの投入により既存アプリの落ち込みを補う形を取っていた新作のタイトル達成率が20%と低かった新作が予想より当たらなかったということが理由のようですね。

 

そんなコロプラの増収に向けた対策ですが、以下のように述べています。

ディズニーのキャラクターが登場するパズルゲーム「ディズニー ツムツムランド」は10月のリリースから予想以上の好調な滑り出し。こうした他社IPの展開を強化するとともに、時間がかかる傾向がある自社IPの開発も進める。さらに、「時短系課金(ゲームの進行速度を速めるための課金)」など、ガチャモデル以外の収益モデルを探っていくという。既存アプリは約100億円の減収を覚悟するが、他社IP・自社IPの新規ゲームで補う構えだ。

組織改編は前期にも力を入れていたが、「相応の成果が出た」(馬場社長)といい、今期は人員増に踏み切る。これまでは制作チームの細分化と企業規模の拡大に伴い、アプリ開発へのリソース配分がうまくいかず、デメリットを許容できないところまで来ていたという。そこでクリエイターを集める部署を作り、リソースの再配分を行う仕組みを作ったことによって、新規アプリ開発へ十分なリソースを充てられるようになったという。

積極的な他社IP獲得でロイヤリティー支払いが増え、人への投資で人件費も拡大する見通し。売上高はほぼ横ばいを予想するが、営業利益率は低下することが見込まれる。「引き続き大胆な改革を進めることで、事業の反転を目指す」と馬場社長が意気込むように、今期は反転のための土台作りとし、19年以降に再飛躍を目指す考えだ。

出典:http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1711/08/news132.html

 

現在アプリの売り上げランキングにて(1月10日調べ)

 

  • 魔法使いと黒猫のウィズは、8位
  • 白猫プロジェクトは、38位
  • ディズニー ツムツムランドは、69位(無料アプリ内では2位)

 

と電車の中のサラリーマンが良くやっていますよね!まだまだホットなアプリを輩出しているコロプラなので、今後のリソースの配分を間違わなければ、来期には上方修正できるのではないでしょうか?

 

よって倒産まではいかないと思いますが、裁判の進捗状況や結審の際に株価が乱高下することが予想されますね。

スポンサーリンク
 

 

コロプラの株価2017~2018年はどうか

Yahoo!ファイナンスより、参考までにコロプラの株価を添付しておきました。本日は後場で盛り返していますね。

 

コロプラ白猫プロジェクトまとめ

白猫プロジェクトはよく聞く名前ですし、学生さんなどがよくやっているイメージですね!キャラクターも可愛いですし、女子高生や女子大生にも人気なのではないでしょうか?

 

裁判の進捗状況に応じて、今後の動向を見守りたいと思います。因みにこの裁判に関連してちょっとしたニュースが話題を呼んでいます!⇒鎌田真理雄(マリオ)コロプラ弁護士の画像が話題に!任天堂のスパイ?

 

スポンサーリンク