直観(ちょっかん、Intuition)とは、

知識の持ち主が熟知している知の領域で持つ、推論など論理操作を差し挾まない直接的かつ即時的な認識の形式である。

直感(ちょっかん、Instinctive)とは

推理・考察などによるのでなく、感覚によって物事をとらえること。「直感が働く」「将来結ばれる運命であることを直感した」

多くの成功者は判断を下す際に、知識や経験が豊富なので、

圧倒的に直観を使う方が多いと思います。

 

しかし、下す判断に論理が伴わない場合も多く、感覚的なフィーリングのみで

物事の判断を下す人も多い気がします。

(勿論、後から論理的な観点からもアプローチするが、、)

 

「理屈(直観)ではなく、この人ヤバい(直感)と思う

のであれば関わるのをやめる。」

など、多くの成功者の処世術として使われているのは

私の経験上、まぎれもない事実です。

 

他に例をあげれば、長く付き合っている旧友などで、頻繁にあう理由を言うならば、

「本音が話し合えて心地がいいから」がフィーリングが合うという大半の理由だが、

直感的にものをいうと“なんとなく”になります。

 

惰性で会っているのか、寂しいから会っているのか、外部的な理由ではなく

ふと何かのタイミングで思いつく”なんとなく会いたい”という、理屈ではない直感です。

 

基本的に人間関係はメリットの享受関係が崩れると疎遠になるものですが、

たまーに心に遊びを持たせる意味でも、直感的に会いたいなと思える人

連絡してみるのもいいかもしれないですね。

 

そこで何かしらの“縁”が生まれるかもしれないし、

チャンスやきっかけが生まれる可能性もあります。

 

 

個人的に直感のみに頼るのはよくないと思うが、

その直感を判断の一材料に置いておくのは大事なことだと思います。

 

 

そして、

「直観」と「直感」の両方を鍛えることで

「想像力(Imagination)」が鍛えられます。

 

理屈でもなく、勘でもなく、重要な判断を下す指標として

こういったスキルは今後の世の中でかなり重要に

なってくるんじゃないかなと思います。

 

みなさんは”直観”と”直感”、どちらで物事を考えていますか?

スポンサーリンク