AV機器大手のソニー(SONY)の社長が交代すると発表されました。

 

各種メディアによると、以下のように報じられています。

ソニーは2日、吉田憲一郎副社長兼最高財務責任者(CFO)が4月1日付で社長兼最高経営責任者(CEO)に昇格する人事を固めた。平井一夫社長兼CEOは2012年の就任から構造改革を進め18年3月期に営業最高益を見込むまで業績を回復させた。再生から成長に移る段階でトップ交代する。

18年から始まる中期経営計画づくりを推進してきた十時裕樹CSO(最高戦略責任者)がCFOに就任する。

出典:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26462220S8A200C1MM0000/

 

新社長となるのは、吉田 憲一郎氏です。

 

ソニーの社長といったら平井一夫氏が有名ですが、平氏氏は2012年の社長兼CEO就任からソニーの大々的な構造改革をすすめ18年3月期には営業最高益まで実績を出されました。

 

一時期は頭が悪い経営者として投資家から批判された時期もありましたが、無事に景気をV字回復させました!

 

平井社長は今後会長職に就任されるようです。

スポンサーリンク
 

 

吉田 憲一郎の経歴・学歴

吉田憲一郎

出典:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26462220S8A200C1MM0000/

 

名前:吉田憲一郎(よしだ けんいちろう)

生年月日:1959年10月20日

年齢:58歳(2018年2月現在)

出身地:熊本県

最終学歴:東京大学

 

吉田憲一郎の主な経歴は以下になります。

  • 昭和58年(1983年) 4月 ソニー株式会社 入社
  • 昭和63年(1988年) 6月 ソニーネットワーク販売株式会社 出向
  • 平成 2年(1990年) 6月 ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカ 赴任
  • 平成 6年(1994年) 4月 ソニー株式会社 証券業務部
  • 平成 9年(1997年) 10月 財務部
  • 平成10年(1998年) 6月 社長室 室長
  • 平成12年(2000年) 7月 ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社
  • 平成13年(2001年) 5月 執行役員 コーポレートプランニング担当
  • 平成17年(2005年) 4月 代表取締役社長
  • 平成19年(2007年) 6月 ソニー株式会社 グループ役員
  • 平成25年(2013年) 12月 ソニー株式会社 執行役 EVP CSO 兼 デピュティCFO
  • 平成26年(2014年) 4月 ソニー株式会社 代表執行役 EVP CFO
  • 平成26年(2014年) 6月 ソニー株式会社 取締役
  • 平成27年(2015年) 4月 ソニー株式会社 代表執行役 副社長 兼 最高財務責任者(CFO) に就任

 

今回新社長兼CEOに着任するにあたってソニーがグローバル企業としての競争力を高め、長期的な収益成長を実現する企業となるよう、更なる改革に取り組む姿勢を打ち出しています。

 

一時期は、スタイリッシュなブランドイメージだけで食いつないできた時期もあったので、今後の成長戦略に注目ですね。

 

2018年の4月の就任ともに中期経営計画を発表するそうで、今後の事業計画を固めていく方針だそうです。

 

2017年から株価も上々で、今後のAI化の波にうまく乗れるような計画を立てるのでしょうか?

 

前社長の平井一夫社長兼CEOは代表権のない会長に4月1日付けで就任する予定です。

 

実質的経営権は吉田憲一郎になるのでしょう。

 

これから新しい中期経営計画が始まるタイミングで新しい経営体制にバトンタッチすることが今後のソニーにとって、適切であると考え社長 兼 CEOからの退任を決断されました。

 

株価もうなぎ上りですし、批判に耐えつつしっかり業績回復させた平井社長、大仕事も終えいい引き際ですね!

 

ソニー株価はどうなる?

当たり前ですが、投資家が納得のいくような中長期計画が発表され、特に事件等なければ株価は上がると予想されますね。

 

業績も上々ですし、2・3年前のように株価が下落するようなことはないと思われます。

 

本日、吉田憲一郎が社長兼最高経営責任者(CEO)に就任されるというニュースが発表されてから株価は一気に上がっています。

 

それほど、吉田憲一郎新社長は期待されているのでしょう。

 

4月に発表される中長期計画にも注目していこうと思います。

スポンサーリンク