あの有名プロデューサーが引退を発表しました。

 

各種メディアによると、音楽プロデューサー小室哲哉が2018年1月19日に引退を発表しました。

18日発売の「週刊文春」で看護師女性との不倫疑惑を報じられた、音楽プロデューサー小室哲哉(59)が19日、都内で会見を開き「僕なりの騒動のケジメとして引退を決意しました」と引退を宣言した。

小室は、会見開始予定から7分、遅れて会場に入ると軽く一礼し、正面にしつらえられた机の前で三方に頭を下げ、さらに一礼した。そして「今回の報道により妻KEIKO、家族、ファン、スタッフの皆さんにご心配、ご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。言動が支離滅裂になってしまうのは申し訳ないので昨夜、文章を作り目を通しながら話させていただきます。ご了承下さい」と言い、文章を読み上げた。

小室は同誌で、くも膜下出血で11年10月から療養中の妻KEIKO(45)を介護する傍ら、数年前に知り合った看護師女性と17年末から1月にかけて女性の自宅や都内のホテルで会い、女性を自宅にも招いたなどと報じられた。

出典:https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201801190000359.html

スポンサーリンク
 

小室哲哉の経歴

小室哲哉

出典:http://blogos.com/article/271729/

 

本名:小室哲哉

生年月日:1958年(昭33)11月27日

出身地:東京都

職業音楽プロデューサー

 

1983年にTMネットワークを結成。1989年にソロデビュー。1995年にglobe結成。

 

プロデューサーとして、宮沢りえ、TRF、篠原涼子、H jungle with.t、安室奈美恵らを、作曲家として渡辺美里、松田聖子、小泉今日子、中山美穂らを手掛けた。

 

2002年にKEIKOと結婚。

 

2009年、詐欺事件で懲役3年、執行猶予5年の有罪判決を受けた。2011年10月にKEIKOがくも膜下出血で倒れ、療養中。

 

 

小室哲哉の引退の理由は?

KEIKOさんが倒れた後、後遺症が残り、小学校4年生が解くようなドリルに興味を持ったり、日常生活において興味を持つ対象が幼児化したりと、大人の女性としての精神年齢や人格のようなものが変わってしまったそうです。

 

 小室はKEIKOが倒れて以降、脳に障害が残り「欲がなくなったり、女性から女の子になった優しい笑顔になった」ことで「夫婦ということで、大人の女性に対してのコミュニケーション、会話のやりとりが出来なくなった」と語った。そして「電話であったり対峙(たいじ)するところも1時間、10分、5分、3分と間が持たなくなって、非常にかわいそうだと思いますが、諦めては行けないのが精神的なサポートというのが重々、承知ではありますが、ちょっと疲れ始めてしまったところは3年くらい前ですかね、あったと思います」と吐露。その中、2年前に自身もC型肝炎になったと明かした。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180119-00000033-ann-soci

 

妻を献身的に支えてはいましたが、小室哲哉も御年59、かなり年を召されています。20年近く寄り添った妻が倒れるのですから、誰かそばで支えてほしいという願望もあったと思います。

 

不倫を肯定するわけではないですが、今回の看護師との不倫騒動も「若気の至り」の不倫ではなく、ある意味致し方ない交友関係だったのかなとも思います。

 

引退の理由は、

  • 不倫騒動による活動自粛
  • 芸能界に復帰するのも大変
  • 妻の介護のため

といったところでしょう。

 

「そろそろ潮時か」とも話すほど引退をほのめかす発言もしていましたし、どのタイミング引退するのか迷っていらっしゃったのかもしれまれませんね。

 

長い音楽人生に終止符を打ち、今後は引退し一般人として人生を送るのでしょう。

 

ともあれ、長い芸能人生、本当にお疲れさまでした。

 

また追加情報が上がり次第追記したいと思います。

スポンサーリンク