医者が逮捕!?衝撃の事件です!

 

岡山ファミリー歯科の歯科医師の福原淳郡(ふくはら あつくに)委員長53歳が傷害の疑いで逮捕されました。

 

岡山ファミリー歯科

歯科医師が傷害の疑いで逮捕された。岡山ファミリー歯科の福原淳郡容疑者、53歳。男性患者の歯を本人の承諾も得ず、不必要に削った疑いが持たれている。被害者の男性は去年5月、親知らずの治療で岡山ファミリー歯科を訪問。福原容疑者が男性の奥歯2本を削ったが、警察によると、1本は健康な歯、そしてもう1本も必要以上に削られていたという。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180117-00000040-ann-soci

 

歯の治療って素人目には何が悪いのかさっぱりですし、歯医者さんが悪いと言ったらそれを信用するしかないので、かなり患者にとっては不安ですよね。

 

歯も削られたら二度と元には戻らないですし、「本当に悪いの??」と一度は思ったことがあるのではないでしょうか?

 

逮捕された岡山ファミリー歯科事件の福原淳郡院長は過去にも裁判でもめていたそうです。

 

そこで今回は岡山ファミリー歯科事件で悪評の福原淳郡院長が裁判沙汰で判決はどうなったの?という事件の気になる部分を調査していきたいと思います!

スポンサーリンク
 

 

岡山ファミリー歯科事件概要

健康で治療が必要ない歯までが削られていた。患者本人の承諾を得ずに奥歯2本を不必要に削ったとして逮捕されたそうです。

 

お医者さんとして、患者に説明や承諾なくして治療するのはご法度ですよね。

 

このことを不審に思った患者は、セカンドオピニオンとして、他の歯医者に診察を依頼し、事件が発覚したといいます。

 

警察の調べに対し、福原淳郡院長は「私は医療行為しかしていません。患者を傷付けるような行為はしていません」と反論。

しかし、その主張に疑念を持たせる事件が過去に多数あったそうです!

 

岡山ファミリー歯科事件で悪評が流れていた?

近隣の大学にもこの岡山ファミリー歯科には気をつけろと、大学の保健管理センターに問い合わせてから歯医者を選んでくださいとも注意を受けるほど、地元では要注意の歯医者だと噂されていたそうです。

 

とにかく、ずさんな診察で有名だったようで、患者を金儲けの道具としか思っていなかったのでしょうか?

 

岡山ファミリーの福原淳郡院長が裁判沙汰に?

過去には、岡山ファミリー歯科の福原淳郡院長が逮捕起訴され、有罪判決も受けていたそうです。

 

ここでの被害者は公表されていないようですが、地元で悪い噂が流れるということは自分の首を絞めることになることが分からなかったのでしょうか?

 

岡山ファミリー歯科事件で判決は?

過去に有罪判決を受けているだけに、今回の逮捕もそのまま起訴されてしまうのではないでしょうか?

 

もちろん患者さんにも調書は取られるでしょうが、実際に傷害と認定され逮捕されているので前回と同じ結果になることは予想できます。

 

起訴されたら、日本では99.9%無罪を勝ち取るのは難しいので、前科も食らっていることですし、罰金刑のみならず禁固もあり得るのではないでしょうか?

 

岡山ファミリー歯科は誰に引き継ぐのでしょう。従業員の方々も気の毒ですよね。

 

まとめ

正直な感想、25歳の男性が警察に駆け込んだとみると、自分が予想していた治療と違った治療をされ、感情的に逆上して告訴したのでは??と思っていましたが、調査を進めていくうちにそうではなさそうということが分かりました。

 

確かに歯医者さんは、虫歯と言われたら「そうなんだ」と信じるしかないですし、素人目にはわかりません。

 

こういった事件が起きてしまうと、同業種のお医者さんにも疑いの目がかかりいい迷惑です。信用が第一の職業なだけに、こういったずさんな診療をするのは罪深いことですよね。

 

前述したように過去にも有罪判決も受けているほどのことなので、診療報酬目当ての犯行といったところでしょうか?

 

どういう理由があろうとも歯は一生ものなので、それをむやみに傷つけるなんて最低ですよね。。

スポンサーリンク